デモゴルゴンは『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に登場するキャラクター。デモゴルゴンを演じているのは、マーク・スティガー

バックグラウンド[編集 | ソースを編集]

ホーキンス国立研究所がイレブンに行った実験の1つとして、感覚喪失タンクに入れてこれにより深い精神状態を探求させていた。ロシアのスパイを首尾よく盗むことに成功するが無意識のうちにデモゴルゴンに出くわし、イレブンはパニックになり、実験は中止された。

デモゴルゴンに興味を持ったブレンナー博士は1983年11月6日、イレブンに接触させる実験行う。感覚喪失タンクに入ったイレブンはデモゴルゴンとの接触に成功するが、そのとき裏側の世界と繋がるゲートがタンクルームに開いたことでデモゴルゴンを表の世界に出れるようになってしまう。

幼体は他の生物に寄生することで成長し、やがて宿主から離脱。脱皮を繰り返しながら短期間で生体へと成長する。

高温が苦手のようである。

シーズン1[編集 | ソースを編集]

Stub.png
このセクションは書きかけです。是非記事を追加してください。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。